バック・バックで

室内でボール遊びをする時に,ももとの距離があまりにも近かったのでボールを持った手で投げるまねのようにしてバックバックと言っていたら,ボールをキャッチしようとももの方から下がっていきました

最初の頃はうしろを見ながらちょっとだけ下がったりしていましたが,バックバックと言いながらの遊びを何度もしているうちに,うしろを見ないで下がりボールをキャッチするようになりました

ももはキャッチしたボールをくわえて持って来るので,またバックバックと言いながら投げてボール遊びを楽しんでいます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク