シャコバサボテン、「サチ」との出会い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サチ」というシャコバサボテン

現在の姿

現在の姿

十数年前のこと、

ホームセンターの片隅に

たくさんのシャコバサボテン

花の旬を終えて処分価格で

売られていました。


花の名前は書いてあるものの、

どのような色をしているのか

全くわからず、

いずれ処分される運命の

シャコバサボテン


花の名前は「サチ

処分される鉢の多さに何故か、

そのまま素通りできない

何かを感じてしまいました。


本当は全てを買い取りしたいくらいの

気持ちになってしまいましたが

数の多さに無理!!

と自分に言い聞かせて、

ひと鉢だけを買って帰りました。


それがシャコバサボテン

サチ」との出会いでした。

家に帰って調べても

情報がなく、

自分で花を咲かせて

確かめるしかないと

思いました。


購入後二年目には

立派な花を見せてくれるようになり

何度も可愛い花を咲かせてくれていた

シャコバサボテンの「サチ」。


これが四季咲きの

珍しいシャコバサボテンと判り、

とても嬉しい気持ちになったことを

思い出します。


そのシャコバサボテンの「サチ

いろいろと頑張って

咲いてくれていたのに、、、


しばらく花の世話が

できないことが続き

今は かわいそうな姿と

なってしまいました

゚(゚´ω`゚)゚。

屋外に出してすぐのかわいそうな サチ

屋外に出してすぐのかわいそうな サチ

今では

どこにも売られていない

幻となっている

シャコバサボテンの「サチ」、、

少し元気になってきている 「サチ」

少し元気になってきている 「サチ」

屋外に出して 一か月後の「サチ」

屋外に出して 一か月後の「サチ」

今年こそは

少しでも元気になって

復活してほしい

願っています

(*’▽’*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする