心を鬼にして決意します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ももと散歩に出かけて 20分がたち
そろそろ 家に帰ろうと 細い道に
入った時に うしろから自転車で
チリンチリン と鳴らして走ってくる
おばさまがいた

うしろを振り返ると ハルちゃんの
飼い主のおばさまだった

ハルちゃんは ももと 同じ
ポメラニアン♀の
 2歳で 体重が2キロと
かなり小さめのワンちゃんだ

最近散歩で会うことがなくて
どうしたのかなー? と思っていたので
おばさまに会えたことで
少し安心は したものの、、

ハルちゃんの姿がそこにはない、、、

思わず「ハルちゃんは元気ですか?」と尋ねた

すると返ってきた言葉が
「ハルちゃんはね ソファーの上から
飛び降りた時に前脚を骨折してね
今は散歩できないのよ~
ソファーといっても
高さ20センチくらいの
高さしかないのに
細い脚だから弱いのよ~」

「それも同じ前脚で同じところを
2度も骨折しているのよ~
ももちゃんは脚が太いし 大きいし
丈夫そうだし いいわね~」

たしかに、、、
ももは普通のポメラニアンより
大きいし 脚も太い

だけどその大きな体で
ジャンプした時に かかる負担は
あるとおもう

肥満は万病の、、、

肥満は万病のもと。

我が家のももは 喜びを表現する時に
よくピョンピョンと
とび跳ねたりする、、

ハルちゃんは 今回で同じ前脚を
2度も骨折しているので
飼い主さんは いつもヒヤヒヤして
生活されている様子だった

我が家のももも 体重が多い分
気をつけなくては いけないこともある

これ以上体重を 増やさないこと!

体重増加は 脚や腰に負担がかかり
心臓への負担もかかるから、、と
この前予防接種のため
動物病院へ行った時に
先生に言われている

改めて ももに対して
気をつけなくっちゃ!!
と思う気持ちが強くなった

今までは 、、ももは生まれた時から
大きいんだから 仕方ない!
と勝手に思っていた わたし、、、

ももは 大切な家族の一員だから
おやつも ほどほどにして
体重増加に ならないように
心を鬼にして 健康第一に
考えようと思う ( ^ω^ )


※注:「ポメラニアンとの暮らしが
もっと楽しくなる本」
より一部抜粋しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする