共に楽しく暮らすために

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ももと散歩を終えて
我が家の近くまで来た時
一人の女性に出会った

最近 近くに引っ越しされて
来られた ワンちゃんを
飼ってらっしゃる
お方だった

いきなりの挨拶で
「何の種類のワンちゃんですか?」
とたずねられた


いつも ももは謎の
犬種のような存在で
すぐに ポメラニアンですか?と
言われる人はほとんどいない

その女性に
「大きいですが、これでも
ポメラニアンなんですよ~」
と告げると

「わー大きいですね~」
。。。。

だいたい このような返事は
いつものことなので
「そうなんです 生まれも
大きくて、、」

そうして その女性との話しの
やりとりが続いていた

話しも一段落したので
帰ろうとした時に

「うちの犬がうるさくて
ごめんなさいね~
うるさいでしょう」


犬を飼っている人は
自分の犬が吠えることを
気にされている方が多い

我が家だって同じだよ~と
思いながら、、、

「わたしのところも
吠えますし おたがいさまですよ~」

と言葉を返した

我が家のももだって
来客が来れば
ワンワンと吠える


そのことで ご近所さんに
迷惑をおかけしているな~と
思う気持ちは いつもある、、

だから部屋の中でも
犬にストレスを
与えないように
気をつけなくては、、と
思っているし

ももが吠えることで
申し訳ない気持ちがあり

ご近所さんとお話しを
する機会がある時には
「うちのももがうるさくて
すみません」と
謝りのご挨拶もしている


やはりペットを飼うことは
迷惑をかけているかも
しれないという気持ちを
持つことは大事だと
わたしは思う

今回引っ越しされて来られた方も
気にされていたが

同じように犬を飼う側からすれば
「お互いさまですよ~」で
済むことなんだろうけど

犬の吠える声が
耐えられない方や
苦手な方も
いらっしゃると思う

それぞれの気持ちの
持ち方かもしれないが

共に生きていく
人間と動物、、、

迷惑にならないよう
楽しく暮らせるように
気をつけたいと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする