シャンプーと聞こえただけで、、、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 


「シャンプーボトルを買いに

行かなくっちゃ! 今から行こうか?」

そんな会話をしていた時に、

そばで スヤスヤ~いい子に
寝ていたももが、、


急に目を開けて


足早に逃げようとする


行き先は

ももが安全だと思っている

クレートの中、、


「ももじゃないよ~」と言っても

出てこない、、


ももは

シャンプーという言葉はわかるので

隠れるんです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする