ホテルでの恥事件

夏休みで帰省して来る
友達から
連絡があり
久しぶりに
会う
ことに
なりました

待ち合わせ場所は
Rホテルのフロント前です

少し早めに到着した私は
フロント前のソファで
待とうとしましたが
あいにく ソファは
空いてなくて
立って待つことに

しました


この暑さということもあり
外から来る人のためにと
ロビー内は かなり涼しくて
気持ちがよかったのですが

待っているうちに
だんだんと 肌が冷えてきて
暑がりの私でさえ
寒く感じるように
なってしまいました

待ち合わせ時間までには
もう少しあるし
車の中に置いてきた
サマーカーディガンを
取りに行き

カーディガンを着て
待つことにしました


私がいたフロント前の
柱は一部分が
鏡になっています

その鏡の中に映るのは
うしろにいるフロントの中の
若い男性二人の姿、、

ニコニコされて 感じが
いいなぁ〜と思ってました

だけど、、、
何か変

私が向きを変えて
フロントの方を向くと
ニヤニヤ〜とされて
お二人とも下を向かれる

……⁇?

私に何か?
嫌な気持ちになってきました


私の思い違い?
それなら いいんだけど…

私とフロントの距離は
5〜6メートルくらいしか
離れていないし

私の周りには誰もいない

ふと、、
ジーンズの前部分の

ファスナーが
開いているのかなと

気になり
そっと手をやる、、が

今日は
ジーンズじゃなかった
ことを

その時に気がつき
何かわからないままだった


それからは
早く友達が
来ることだけを

考えて
スマホを見ながら
待っていると、、

うしろから
聞き覚えのある声が

してきました

「待った?」
「遅いよ!」


二人の会話から
いきなり 友達の笑い声、、

「カーディガンが裏だよー」
「ええー?」

私は友達が来るまでの間
裏返しのまま着て
待っていたなんて、、

恥ずかしい 恥ずかしい

いつもよりかは
少しオシャレして
いたのに、、

裏返し事件で 台無しだぁ〜


あの時 フロントの二人が
ニヤニヤされていたのは

私が裏返しのまま
着ていることを

知らせるべきか どうか、、、
迷っていたのかもしれません

「お客さま カーディガンが
裏返しですよ」なんて
ホテルマンが
言えるわけないと

そう思うことにしました


今まで
モヤモヤしていたことが

解決できたけれど

人通りの多い場所で
全く気がつかずに
待っていた私、、

穴があったら
入りたい気分に

なりました

ホテルでの
恥かしかった事件は

忘れよう 忘れよう

これからは
確認第一ですね〜
(*’ω’*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク